大谷製陶所

Otani Pottery Studio
大谷哲也と大谷桃子のうつわ
  about works events  blog gallery contact home
ちょっとハロウィン気分 Halloween Tastes

私が初めてハロウィンを経験したのは、もうかれこれ20年以上前にオレゴン大学に留学していた時。
11月1日の朝に大学の近所の家が屋根から地面までトイレットペーパーで包まれいるのを見てびっくり!
友達にハロウィンのいたずらと教えてもらった時は「さすがアメリカ〜」と妙に感心したことを覚えています。
このアメリカからやってきたイベントも最近ではすっかり日本でも定着しましたね。
せっかくなのでカボチャでグラタンやスープを作ってほんの少しお祭りに参加した気分に。
みなさん、お菓子を貰えないからってトイレットペーパーでよそのお家を包まないようにね(笑)

My 1st experience of Halloween was over 20 years ago when I was a collage student in Oregon.
I remember I was so shocked when I came across a house covered with toilet paper near campus and my American friend told me it was kind of a (nasty) Halloween trick… It was a big culture shock to a Japanese teenage girl yet-immune-to American culture. Good old memory…
Now this cultural event became very popular among younger Japanese people mainly as a day they can enjoy costume parties.
We don’t practice any costuming or trick-or-treating at home but enjoyed a little feeling of the festival by cooking some pumpkin dishes🎃🎃🎃

かぼちゃグラタン

Preparing gratin with pumpkins

平鍋で玉ねぎと鶏肉を炒め小麦粉を絡めて牛乳を入れて少しとろみがつくまで弱火で煮こみ、
お肉にほぼ火が通ったら茹でたパスタと蒸したカボチャ、色付けにブロッコリーを投入。
チーズを散らして250度のオーブンで20分くらい焼きます。

かぼちゃグラタン完成

こんがりいい色に焼けました〜

かぼちゃスープ2016-2

Pumpkin soup

カボチャのポタージュももちろん平鍋で。
玉ねぎをバターで炒めて2cm角くらいに切ったカボチャとひたひたの水、
スープのキューブを入れてカボチャが柔らかくなるまで煮て柔らかくなったらバーミックスでポタージュに。
最後に牛乳でお好みの濃度までのばし塩胡椒で味を調えます。

かぼちゃさらだ2

Pumpkin salad

せっかくなのでサラダもカボチャベースで🎃

北京にて Unforgettable Beijing

你好!
北京到着〜。
北京市内の胡同地区にある北京 失物招領 Lost & Found 兇燃催される展覧会のためにやってきました。
到着しましたら、さっそく明日の平鍋を使ったジャム炊きワークショップに使う果物を探しに市場へ。
ジャム炊に使う果物にはイチジクを選びました。
外側は緑色ですが中は真っ赤で酸味と甘みのバランスの良いものが手に入りましたよ。

We were in Beijing for our duo show at Lost&Found on the 1st weekend of October.
It was already a little chilly, we could feel the season is a bit ahead of us there.
The very first thing we did after arriving was checking the local market to find good fruits
for making jam as a cooking demo how to use Tetsuya’s hiranabe earthenware pans at the gallery.
It didn’t take a long time before we come across beautiful figs.
They are green outside, look even unripe, but when we broke in half, deep red inside and so sweet! 

果物屋から始まって肉屋、魚屋、貝屋、蛯蟹屋、キノコ屋、八百屋
同じようなものを陳列する果物屋が両側に10軒ほど並んで肉屋がまた10軒。
ズラ〜と一列に商店街は続くのです。
八百屋の並びは八百屋が向かい合わせで10軒以上続きます。

We started strolling the market from fruits area which contains over 10 shops exclusively selling fruits of all sorts.
It then led us to meat alley, fish, clam, shellfish, mushroom, vegetables,
and keeps going on and on!
AMAZING, we really wish we could live closer…!

豚肉、鶏肉、牛肉、羊肉、種類や部位ごとにずらりと肉屋が!

Polk, chicken, beaf, mutton, lamb, we can find any kind of meat here!

ここは骨周りの肉を扱うお店。

冷蔵ケースは無く、肉は塊で陳列されている。
どれもとても綺麗で家に持ち帰って調理したい衝動に駆られます。

ここはきのこ屋
どうやら筍は野菜ではなく、きのこに分類されている気がしました〜。

Exclusively mushrooms…

ここは魚屋。
川魚が多いのかと思いましたが海の魚が多いようです。

Exclusively fishes!

ここは貝屋さん。
いろんな種類の貝がずらり〜。
はっきり言ってこの市場ヤバイです。
いつまでここに居ても飽きません。

Clam only!

ここはエビカニ屋さん。
今ちょうど大閘蟹(上海蟹)の季節でウロウロとしている蟹を捕まえては紐でくくる作業が
店先で見られました。
もちろん滞在中に♂♀両方いただきましたよ〜。
また、果物屋ではジャックフルーツの季節だったようで店先で解体作業が行われています。
商店街の入り口はジャックフルーツの香りが充満していました。
どこの国へ行っても市場は楽しい!
中国の人たちの食への関心の深さを感じられました。

Crab only!

買い物を済ませたらギャラリーへ。

ちょっと宣伝↓↓↓↓

「大谷家的餐桌」
北京 失物招領 Lost & Found
2016.10/7〜10/23
北京市朝陽区国子監57号
+86-10-6400-1174

At Lost&Found
Our show will be up until Sunday, 10/23.

入り口横には大きな格子棚があります。

あらかじめ展示はしていただいていたので少し調整と初日の打ち合わせをして
近くの北京の家庭料理をアレンジしたお店へ晩御飯へ〜。

 

はいはい、おはようございます。
ここからもう翌朝ですよ〜。

ちょっと気になるところを直して、腹ごしらえへ!

ジャ〜ン。
これがメニュー兼註文書。
自分で食べたいものの数を記入します。

Typical local restaurant’s menu…
We can guess what’s written by reading the characters up to some point since we use traditional Chinese characters in Japan.

まずはピータン!
この時点で飲み物はまだお茶です(なんせこれから初日が始まるのですから!)

小麦粉を揚げたものと聞きましたが少し芋っぽい味もしました。
ソースはニンニクたっぷり、僕を挑発してきます!
お前の誘惑には負けないぜ!
おいら達はジャスミンティーが好きなんだよ!

羊肉と香草とクミン!
チ〜ン。
ここでスイッチが入ってしまいました。
青島ビールくださ〜い。

美味いねぇ。
青島もう一本!

グツグツと、鍋の下では炭が!

そしてこの店餡老満の名物は水餃子!
違う種類のものをいただきましたがどれも美味しい!
お腹もいっぱいになりましたのでギャラリーへ戻って仕事しま〜す。

Today’s main dish for lunch is dumpling in soup, one of Beijingers’ favorite!

そして初日開店!
雨が降り急に冷え込み出したにもかかわらず大勢の方に来ていただきました。

桃さんの平鍋を使ったジャムのワークショップも大盛況〜。
もちろん昨日市場で仕入れたイチジクを使いました。

続いて恒例の土鍋珈琲焙煎。
写真はございませんがその後、日本のかりがねほうじ茶を飲んだり&Anneさんのお菓子を
楽しんでいただいたり、最後には滋賀県のお酒を3種持って行きましたのでそれを楽しんで
いただきました。

恒例のサイン会&写真会!!
たくさんの人に見ていただけて充実した初日となりました。

さてさて晩御飯!
急に冷え込んだので烤鴨(北京ダック)をキャンセルして火鍋屋へ!
見ておくれ、このメカメカした鍋を(煙突にダンパーが)!
中央煙突部の中には炭が入っており常にグツグツとしておるわけです。
男心をくすぐります〜(もちろん女心もね)!
中に仕切りがあって辛いのと辛くない二種類の出汁が!
具材は羊、豚、牛、鴨血(アヒルの血のゼリー)、エビ団子、野菜、きのこ、湯葉などなど。
まずは肉からしゃぶしゃぶ開始。

これはつけダレ。
ゴマベースでかなり濃厚です。
これ一杯で継ぎ足すこと無く最後の〆の麺までたどり着けました。
この旅では色々と食べに連れて行ったもらったのですが
本当にどれも美味しく食べることに夢中になり写真を撮るのを忘れてしまいました。
ギャラリーオーナーの故郷である湖南地方の家庭料理もご馳走になりました。
トウガラシが入っているので辛いのですがあまり辛すぎずクセになりそうでした。
上海でも思いましたが中国料理は素材にあった最適な火の入れ方をするのが上手いと思いました。

 


今回は3泊4日と短くあまり時間がありませんでしたが少し観光もしてきました。
雍和宮というラマ寺院がギャラリーから歩いて行ける距離にあったので行ってきました。
お昼から取材の予定があったのでスピード拝観!

極彩飾と屋根瓦の釉薬がとても快晴の空に似合っています。


やはり焼き物が気になります。
欄干も焼き物。
とても中国的な色使いだと思います。


仏様の顔は少し日本とは違うような気がしました。
にっこりと微笑んでいるのが印象的です。

さぁさぁ、取材があるので急いでギャラリーへ帰ります。


取材が終わりましたら古道具市へ連れて行ってもらいました。
桃さんはここでハスの絵の本をお買い上げ。

これはたまりませんなぁ。
古い散り蓮華と籠、木製の捏鉢と小さな椅子をいただきました。

お気に入りをゲットできてご満悦。
閉場時間でみんな片付けムード。
気になるのが後ろに多数映るビークル(乗り物)!
街中には高級車もたくさん走っているのだけれど小さな働く乗り物もたくさん走っている。

リンリン〜。
人力?
ハンドルが二段のは何故?

小さな道でもス〜イスイ。
おっちゃん!前掛けキティちゃんやで!!

おっ、これはなかなか馬力がありそう。
電動車も多く音も無く走りすぎていきます。

これはタクシーかな?
後ろに電話番号が書いてありました。
この胡同地区は並木に囲まれた古い建物が並びます。
ここを一歩出るとかなりの大都会です。

買い食い♡
中にキャベツが入っていました。
通りや市場にはいろいろと美味しそうなものが売られています。
1日を買い食いとビールで過ごすのも楽しそう〜。

飛行機が午後の便だったので午前中に故宮博物院へ行ってきました。

Forbidden City.
Something we can’t miss in Beijing.

とにかく壮大です。
中に陶瓷館もありました。

いたるところにやきものでできた装飾が施されています。

Lots of pottery were used for the decoration...

屋根にもやきものの人やら動物やらがのっています。

お前さんはすごいところに住んでいるね。
先祖は皇帝の猫だったのかな?

A cat inside Forbidden City. Are your ancestor an imperial cat…?


北京の街は僕が思っていたほど喧騒の中には無く、ギャラリーへ来るお客さんもとても物静かで落ち着いた街だなぁという印象を受けました。
短い時間でしたがギャラリーのオーナー、スタッフの皆さんがテキパキと進めてくれるので有意義な4日間を過ごせました。
とても感謝です。

 

谢谢
Thanks a lot Beijing! We hope to come back again soon!

夏の終わり so long summer vacation

8月ももう終わりという午後。

夏休みのフィナーレを飾るにふさわしいイベントは沖縄からやってきたマンゴーから始まりました。
そういえば少し前にいただいた缶詰のマンゴー(vijayのアルフォンソマンゴーパルプ)あったな…
あれでシャーベットを作ってマンゴーパフェみたいにすれば素敵だな...
とりあえずアイスクリームメーカー冷やさなきゃと冷凍庫に放り込む。
「バニラアイスものってたら嬉しいよね」
「じゃあそれも作っちゃおう〜」
そうこうしてると城陽のおばさんからイチジクが届く(ありがとう!)
「これものせよう!」「ブルーベリーも庭に出来てる!」
やんややんやと美しいパフェは出来上がり〜
ありがとうマンゴー(を届けてくださった皆さん)ありがとう夏休み!
さあこれでもうちょい宿題がんばれるだろう、娘たちよ。

One late August afternoon, beautiful mangos from Okinawa arrived in our house.
It was a present from our friends living in that beautiful sub-tropical island.
Something very much fun and special started from arrival of these fruits. 
We(3 daughters and I) made sorbet with mango pulp and prepare vanilla ice cream
(that must go well with the sorbet we assumed) and topped it with mangos, figs, and blueberries(from our backyard garden).
Vacation time will be over very soon since the kids are going back to school from the beginning of September but we are happy to end summer vacation 2016 with this delicious grand finale…
So long summer vacation!

マンゴー

おお、マンゴー!お日様から生まれ落ちた子供のようなその姿、見ているだけで幸福感に包まれます...
Oh, Mango from Okinawa, you are so beautiful!

マンゴーパフェ

アイスの上に庭から取ってきたブルーベリーとミントの葉っぱで飾り付けたらオータニガールズのテンションはマックスに!

日々キュウリ Everyday Cucumbers

今年の夏は父の畑のキュウリが大豊作。
各種サラダにいろんな和え物、炒め物....
太めのスティックにして塩、味噌、マヨネーズ、柚子胡椒、塩レモンなどをつけてそのままポリポリ....
毎日毎食がんばって食べているのですが追いつかず、ピクルスを作って保存する事に決め、
とりあえず20本のキュウリを漬けました。
たくさん漬け込まれたピクルスを見て三女が一言。
「私ピクルスの入ったハンバーガー大好き!」「わかるわかる、あるとないとでは大違い!」
「じゃあピクルスが漬かったら美味しいハンバーガー作ろう!」ということに。
ピクルスからのハンバーガー....
順序がこうなるとなんとなく壮大な計画に思えてくるのは私だけ?
瓶詰めになったキュウリを眺めてホッと一息ついたものの、
漬かるのを待つ間にもどんどん畑のキュウリは大きくなってゆくので、
しばらくは和えたり炒めたりして食す日々は続きそうなのでした....(続く)
My father’s garden is producing incredible cucumbers this year,
both in terms of amout and quality....!
Juicy, crispy, fruity....fresh cucumber is one of my favorite vegetables. 
They taste great simply with salt, miso paste, mayonnaise…
Suit well when tossed into any kinds of salads…
I also like to stir fry them with sesame oil and soy sauce.
Cucumbers sure are nice addition to the table...
But it is a bit difficult not to get bored eating 10 cucumbers day after day....
So, I decided to make pickles so that we can enjoy them after the season is over....

ピクルスの材料

ピクルスの材料は採れたてキュウリと裏庭の山椒の実とベイリーフ
Getting ready to make cucumber pickle... Cucumber, sansho pepper, and bay leaf all came from our garden!


きゅうり塩漬け

まずキュウリに塩をすりこんで半日ほど置き.....

ピクルス瓶詰め

水気を拭いてベイリーフ、山椒、タカノツメの入ったピクルス液に浸け込む。

きゅうり炒め

まだまだどんどん出来てくるキュウリをごま油でさっと炒めてきんぴら風の味付けに。
Stir fried cucumbers with garlic, chile, and soy sauce.

冷しゃぶ+きゅうり

たたきキュウリと冷しゃぶの和え物
Crushed cucumbers with cold pork shabu shabu (parboiled pork) seasoned with sesame oil, soy sauce and vinegar.

その他おすすめのちょっと変わり種キュウリレシピあったら教えてくださ〜い
While waiting for the pickles to get pickled, we can't stop consuming the cucumbers…
They never stop becoming bigger until we feel chill in the air...
So, let me know if you know any good cucumber recipes!

続・レモンがたくさんあったなら when we have lots of good lemons 2
甘いもしょっぱいもどちらにも欠かせないレモン。
たくさん頂いたレモンで塩レモンも作りました。
和え物、焼き物、蒸し物、ドレッシングに大活躍中です。
Lemons can add great flavor not only to sweet dessert or drink but also to savoy dishes..
They really are the most versatile of fruits…

塩レモン
1週間〜10日置いて塩が馴染んだらバーミックスでペースト状にして使います。
Trying to make lemon pickle…
Simply preserve lemons cut in big chunks in salt (10-20% weight of the lemons).
Great to serve with grilled, braised, steamed meat, fish, and vegetables.
Also, can be added to make wonderful dressing!
 
塩レモン+イワシ
今夜のおかずは塩レモンで下味をつけておいたイワシを....
For tonight’s dinner, marinate sardines with the paste of lemon pickle for about 30 minutes...

イワシ塩レモン焼き1
オリーブオイルをひいた平鍋に行儀よく並べてパン粉をふり...
arrange the sardines in a olive-oil-coated Tetsuya’s Hiranabe earthenware pan...

イワシ塩レモン焼き2
200℃ののオーブンで20〜30分焼きました。こうなったらワイン開けなきゃね❤イワシにカンパーイ!
bake in the oven at 200℃ for 20-30minutes...then we are ready to open a bottle of wine❤Cheers!


 

豆が好き from a bean lover's kitchen
豆が大好きです。食べるのも。料理するのも。
私の豆好きは小さい頃に食べたおばあちゃんの豆料理から始まっています。
金時豆、うぐいす豆、とら豆、黒豆を甘く煮たものは食べ始めると止まらない位大好きでした。
その他、五目豆や琵琶湖のエビを使ったエビ豆もおいしかったなあ...
今の私は時間のある週末などにまとめて乾燥豆をゆでておき、代わる代わるいろんな豆料理を楽しみます。
I am a big bean-lover. I love cooking it as well as eating it.
My love of beans came from my childhood eating experiences.
My grandmother used to cook beans a lot when I was little.
Some of my favorites were sweet kidney beans, green chick peas, black bean in syrup,
5-flavors-soybeans, crunchy soy beans with fresh-water shrimp...
I loved the sweet kinds so much that it was hard to quit once I started eating it!
It’s been over 20 some years since she passed away, 
but the tastes of some of her bean dishes still stays bright in my memory.
Though my way of cooking beans were quite different from that of my grandma's,
I hope the tastes lasts in our kids' memories for a long long time...

大豆と花豆
紫花豆と青大豆の水煮  purple runner beans and green soybeans just cooked

豆3種
ゆでたばかりのお豆はそのまま塩を少しつけておつまみに。
ほんのり甘みがあってたまらなくおいしい!
when freshly cooked, we don't need anything more than a pinch of salt to enjoy it!

豆煮
ゆでた紫花豆で甘煮を作ります。コトコト味がしみるように平鍋でゆっくりと。
earthen ware pans are great for slow cooking… cooking runner beans with brown sugar 

甘煮豆
おかずorおやつ? 

花豆マリネ
マリネにしても良し。runner bean tastes wonderful when marinated in french dressing

黒豆サラダ
いろんな野菜を同じくらいのサイコロに切ってカラフルなサラダにすると食卓が華やぎます。
black bean salad with lots of colorful vegetables brightens the table like a bouquet

大豆かき揚げ
大豆はいろんな野菜と一緒にかき揚げにしてもおいしい。
この日は畑に顔を出し始めたウドの新芽と玉ねぎ、桜海老と一緒に。
ビールが美味しくなる一品。ビールおかわり〜
soybean tempura with spicy green, onion, and fresh water shrimp

大豆とアヴォガド
また大豆はアボガドとの相性も抜群。食感が似ているのでうまく絡んで口の中でとけてゆくようです。
soybean & avocado salad is one of our daughter’s favorite!

黒豆シロップ
黒豆はシロップ漬けにしたりして.... preserving black beans in brown sugar syrup

杏仁豆腐
杏仁豆腐にトッピングしたらちょっと贅沢なデザートになりますね。
almond jelly with the black beans in syrup, great summer time dessert 


おばあちゃんが亡くなってからもうかれこれ20年以上経つのですが、
あの時に好きだったお豆の味は今でもはっきりと思い出すことができます。
私の豆料理はおばあちゃんが作ってくれたものからはずいぶん離れてしまった感じもあるけれど、
3人の娘達には「お母さんの味」としてずっと心に残っていてくれたらいいなあと思うのです。
 
赤飯も筍ご飯も! Let's cook Rice!
卒業式、入学式、3月から4月にかけての誕生日ラッシュ....
我が家の今年の春はお祝い事が多く、このひと月の間にお赤飯を炊くこと4回。
おかげで哲也のライスクッカーでお赤飯を炊くのが少し上手になりました。
Graduations, welcoming ceremonies(schools end in March and start in April in Japan) and birthday rush in our family, I have been cooking sekihan, or red rice at least 4 times within a month!
Red is considered to be a celebratory color here.
So, we often celebrate special days with this rice.

赤飯1-2n
まずはもち米を洗って、あらかじめ軽くゆでた小豆をのせ....

赤飯2
お米を炊く分量の小豆のゆで汁を注ぎしばらく(20分くらい)浸水。

赤飯3
はじめは強火で、ぶくぶくきたら弱火で約8分たき、15分蒸らすと....こんな風に!

筍ごはん
春も進んでくるとかわいい筍も出始めて筍ご飯も炊きましょう〜
Another spring delight, bamboo shoots...They can also make a great rice!

ライスクッカー
つい先日の母の誕生日には赤飯も筍ご飯も炊きました〜
Red rice and bamboo rice, 2 rice cookers working at the same time for the special day!

赤飯+筍
二種類のご飯を赤木さんのお重に詰めると満ち足りた気持ちに・悦

お赤飯
幸せな時間がずっと続くといいなあ.... 
レモンがたくさんあったなら when we have lots of good lemons...
少し前に広島のY夫妻からたくさんのレモンをいただきました。
フレッシュな美しいレモンを砂糖漬けや蜂蜜漬けに。しばらくいろいろ楽しめそうです...!
When we have lots of good lemons… I get very busy preserving them!

ハニーレモン
保存食作りは少し時間がいりますが、仕込み終わった後の達成感と満足感はたまりません...
出来上がるまでのソワソワ感も好きなのです。
It’s always nice to have some lemon syrup in the pantry...

レモンソーダ
蜂蜜レモンソーダはこれからの暑い季節に喉を潤してくれます。
It can make a wonderful glass of lemon soda!

レモンパウンド
皮をすりおろしてレモンパウンドケーキを。このシンプルなケーキは娘たちの大好物。
Simple lemon pound cake is our daughters’ favorite...

レモンケーキ
ケーキの上にはレモンの砂糖漬けをトッピングしてちょっと贅沢な気分に。
Also nice with a slice of lemon on top of the cake...

 
バレンタインレポート2016 Valentine's Day Report
今年もオータニガールズたちの一大イベントが無事終了しました。
週末がかかった今回のバレンタインデー。
チョコと粉と砂糖にまみれた娘達がRADWIMPSやback number, Taylor Swift等をBGMに台所を右往左往。
この修羅場ともいえる光景は真夜中まで繰り広げられたのでした....
でも年々確実に腕を上げている娘たち。今後の活躍に期待してまーす❤︎
Did you all have a nice Valentine's Day??
Our 3 daughters were very busy preparing chocolates and other sweet stuffs last weekend. 
As is always the case of this time of the year, the kitchen turned into Otani Chocolate Studio❤︎

vt2016風と緑
それぞれ働く三女と次女。長女は屋外でトリュフをデコレーション中。

バニラクッキー
バニラビーンズ入りのシンプルなクッキー Vanila cookies

チョコココクッキー
ココアとココナッツのチョコココクッキー "Choco-coco"(chocolate+coconuts) cookies

オランジェット
大谷家の定番、九州産無農薬甘夏の皮で作るオランジェット Orangetto

バレンタイン2016
トリュフやブラウニーもできあがってハッピーバレンタインデーとなりました❤︎
めでたしめでたし。

節分のお楽しみ Spring is coming soon!
まだまだ寒さは厳しいですが、少しづつ日差し明るくなってきて春の気配を感じるようになりました。
昨日は節分、今年も恒例の太巻き寿司作りに精を出しました。
According to lunar calendar, yesterday(2/3) was Setsubun, literally means "division of seasons"(winter to spring).
One of the popular practice nowadays in Japan is eating Futomaki sushi roll on the eve of the 1st day of spring wishing for our good health and happiness.
So, I turned into a sushi roller from a potter!?

ライスクッカー+飯台
成長期真っ只中食欲旺盛な娘が3人いたり、実家に数本届ける予定があったりで、
今年は2個のライスクッカーを動員して3合づつ計6合のお米を炊くことに....
中川木工芸の飯台は我が家のお寿司作りの必須アイテム。
これらの道具を並べるとやる気がぐっとアップします!
「いい眺め〜」おっと見とれてる場合じゃないね。。。
Preparing sushi rice with Testuya's rice cookers and a wooden sushi tub by Nakagawa Mokkougei.
I love these tools, not only they are so beautiful but also they can make wonderful sushi rice....

太巻きの具
我が家の太巻き寿司の定番の具材は…
だし巻き卵 人参 ほうれん草(や三つ葉など緑のもの)うなぎ 椎茸  高野豆腐 かんぴょう
Standard ingredients for the rolls of our family are...
Dashimaki fried egg, carrot, spinach, Shiitake mushroom, grilled eel, tofu, 
and Kanpyou dried gourd

海苔
やっぱりこの海苔じゃなくっちゃね〜
Our favorite Nori seaweed

太巻き1
太ーいお寿司をどんどん巻いて丸太のように積んでいく....
Looks a bit like a log cabin....

太巻き2
今年も美味しくいただいて元気で春が迎えられそうです!
Happy spring, wishing you good health!