大谷製陶所

Otani Pottery Studio
大谷哲也と大谷桃子のうつわ
  about works events  blog gallery contact home
六九クラフトストリート

2017年5月26日(金)〜 28日(日)
11:00〜18:00(28日のみ 〜17:00)

ギャラリーやまほんさんにて出展しています。

会場:長野県松本市大手2丁目 六九通り


<参加ギャラリー>

ギャラリーやまほん【三重】
さる山【東京】
工芸青花(新潮社)【東京】
ハヤシモリ(小林和人・森岡督行)【東京】mm【松本】
ミナ ペルホネン【松本】
Monbus【松本】
10cm【松本】 

青空カフェ
トラネコボンボン、tatin、ドラゴンコーヒー店(雇われ店長オオヤミノル+ なかむらるみ)
トークショーもあります。
詳しくはhttp://www.69-matsumoto.jpをご覧ください。

お赤飯もライスクッカーで Cooking Red Rice in April

入学式やお花見に歓迎会…それに加えて4月生まれがたくさんいる大谷家。
春は何かと華やかな宴が催される機会が多いですね。そんな時にあると嬉しいのがお赤飯。
実はお赤飯もライスクッカーで美味しく作れるんですよ。
ちょっとした事前準備が必要だけど、とても簡単。ぜひお試しください。
“SEKIHAN”, or red rice, sticky rice cooked with red beans, 
is one of the most popular celebration food in Japan. 
Because of its reddish color, which is considered to be a symbol of happiness. 
It’s often served on the celebratory occasions such as graduations, birthdays and welcoming parties, cherry blossom viewing and so on.
Since lots of new things start in April in Japan,
(it’s the start of a new school year and the working year, and cherry blossoms season)
and also lots of April borns in our family, I cook this rice very often at this time of the year.

赤飯4

(4−5人分 serving for 4-5 people)

もち米 3cup sticky rice
小豆 1/3cup red bean
小豆のゆで汁+水 450ml water+reddish boil juice from cooking red bean
塩 ひとつまみ pinch of salt
ごま塩 お好みで sesame salt as you like 

*180mlのカップを使用 using 180ml measure cup

<事前準備 preparation in advance>
*前もって小豆をゆでて冷ましておく Cook red beans and let it cook
*炊く1時間前に小豆のゆで汁に米をつけておく Wash and drain rice about half  an hour ahead

あずきの準備1

約5倍量の水でゆで、煮立ったら一度ゆで汁を替える。
Wash and cook beans with the water well enough to cover the beans over high heat.
Once it boils, drain and add 300ml new water again. Cook over high heat.

あずきの準備2

再び5倍量の水を入れて煮立ったら約20分(まだ固さが残る位)ゆでて、そのまま冷ます。
When start boiling, turn down to the low heat and cook for 20 minutes.
Keep the beans in the water and let it cool.

コメとあずき

もち米を洗って水を切る(20分くらい) Wash and drain rice for 20minuets.

浸水

小豆のゆで汁と水を合わせてライスクッカーの中で1時間浸水させる。
Soak the rice in the liquid (water+reddish boil juice) at least for 1hour.

炊き上がり

強火にかけボコボコしてきたら弱火にして10分たく。
火を止めて15分蒸らすと出来上がり。さっくり混ぜて御重や鉢に移す。
Cover and bring to a boil over high heat until start boiling.
Turn the heat down to low and cook for 10minutes.
Turn off the heat and let rest for 15minutes.
Gently stir the rice before serving.

赤飯3

三女の誕生日に次いで彼女の中学入学式。
4月に入ってもう2回お赤飯を炊きました。
ピカピカに炊きあがったご飯と小豆のように彼女の未来も輝きますように…と願いながら。

 

簡単なランチ(!?) Simple Lunch(!?)

先日、家族の行事でたくさんの親戚が我が家に集まりました。
本番の前のちょっと簡単な昼食にと作ったカレーは15人分(食べ盛りの中高生多数含む)!
タマネギ5個、ジャガイモ10個、ニンジン4本、お肉1キロ….
はじめは家族5人分との量の差にちょっとひるみましたが、
えいや!とエプロンつけてまずはタマネギをスライス。
平鍋に油を引いてタマネギをよく炒めお肉を投入してさらに炒める。
そこへ一口大にカットした他の野菜を入れて水を注ぎ
ベイリーフ(裏庭から取ってきた)と一緒に煮込む。
野菜が柔らかくなったらルーを入れて….
普段なかなか会えない叔母と昔話に花を咲かせながら野菜を切ったり炒めたりしていると
どんどん楽しくなってきて…ゲラゲラ笑っている間に
φ30cm平鍋(深)(特注サイズ)とφ27cm平鍋(深)いっぱいのカレーができました〜
ちなみにご飯は3合炊きライスクッカー2個分×2回+冷凍ご飯をレンジでチンしてなんとか間に合いました…!
I prepared “simple lunch” with my aunty for our family gathering during this spring break.
Curry&rice is one of the most “simple”, popular and easy food in Japan…
But when it comes to for 15 people, including 6 always-hungry-teenagers, it isn’t so simple…!

カレー

『おうち、』

ルーサイトギャラリー

2017年4月15日(土)〜23日(日)
15(土)16(日)在廊予定

みる たのしみ。

さわる たのしみ。

つかう たのしみ。

おかえりには わくわくを いっしょに。

出展者

入江英樹(写真)
大谷哲也(陶磁器)
大谷桃子(陶器)
kata kata(染色)
greenian(小間庭)
五月女寛(陶器)
TAjiKA(鋏)
富山孝一(木工)
NUU(唄)
フクダカヨ(絵)
藤原純(陶器)
miyazono spoon(木の匙)
山音製輪所(自転車)
Wrap Around R.(きものリメイク)

 

〒111-0052 台東区柳橋1-28-8
03-5833-0936
http://lucite-gallery.com

 

もうすぐ東京...  See you soon Tokyo!

いよいよ週末から水金地火木土天冥海にて2年ぶりの2人展が始まります。
ふだん信楽の山奥でひっそり暮らしながらもくもくとうつわを作っている私達ですが、
久しぶりに下山して東京へ参りますー初日の3月18日は1日中在廊予定。
会場では15:00から大谷家のみんなが大好きなお菓子をNYのBELLOCQ(ベロック)の
お茶と一緒に楽しんでいただけます。お時間のある方は是非お立ち寄りください。

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-2-11 H.P.DECO 3F 
東京メトロ表参道駅A1出口より徒歩3分
tel. 03-3406-0888

オランジェット

我が家でずっと『オレンジピールのチョコがけ』(そのまんま、笑)と呼ばれていたお菓子。
ある時おしゃれなギャラリーのお姉さんに『オランジェット』というおしゃれな名前を教えていただいて
以来そのように呼ばれるようになりました🍊🍊🍊

レモンケーキ

レモンケーキは娘たちの大好物🍋レモンシロップをたっぷり染み込ませてふわふわしっとり🍋🍋🍋

生活工芸展

gallery yamahon

2017年3月18日(土)〜 4月9日(日)

<出展作家>
安藤雅信、猪狩史幸、井山三希子、岩本忠美、内田鋼一、大谷哲也
金森正起、川合優、紀平佳丈、城進、つちや織物所、辻和美
津田清和、富井貴志、東浩章、細川由紀子、三谷龍二、安永正臣、山田洋次

〒518-1325 三重県伊賀市丸柱1650
tel/fax 0595-44-1911
http://www.gallery-yamahon.com

大谷哲也と桃子のうつわ

水金地火木土天冥海

2017年3月18日(土)〜4月2日(日)

18日(土)在廊予定
15:00からNYのBELLOCQ(ベロック)のお茶と桃さんのお菓子で
ささやかのティータイムを愉しんでいただけます。

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-2-11 H.P.DECO 3F 
東京メトロ表参道駅A1出口より徒歩3分
TEL 03-3406-0888
http://suikinhpf.com

女子も嬉しいバレンタインデー Valentine's Day 2017

今年もやってきましたバレンタインデー❤
週末から前日までキャーキャー楽しそうにお菓子造りに没頭する娘たちを見ていると、
「この日は女子のために用意された日でもあるな〜」としみじみ思いました。
それもこれも喜んでくれる人がいるからこそ。こうゆうエネルギーの循環は素晴らしいですね。
みなさん、よいバレンタインデーを!
I have been taking too much sugar lately,
mainly because our daughters are getting so good at baking…
Happy Valentine’s Day!

VT2017-2

娘たちの作るお菓子は年々クオリティーアップ⤴⤴⤴

VT2017花

長女、花のアーティスティックなアイスボックスクッキー by the 1st girl Hana

VT2017花

次女、風のレモンビスケットは愛がいっぱい♡♡♡ by the 2nd girl Fu

VT2017緑

三女、緑の口に入れるとホロホロとろけるスノーボール by the 3rd girl Midori
しかし横に添えられていた父のポートレイトはそんなソフトなお菓子とは対照的にハードボイルド(笑)

 

2017年も日々平鍋で Happy Tasty New Year!

年が明けてからもうずいぶん経ってしまいましたが、今年もどうぞよろしくお願いします。
2017年、うつわも料理もいっぱい作りますよ〜
忘年会のおでんから始まって年末のおせち作り、七草がゆにグラタンハンバーグ….平鍋は毎日大活躍です!
Happy belated new year!
We will try to produce lots of good pottery and good food this year as well.
Hoping to share these with all of you as much as we can, so stay in touch❤

おでん2016年末

忘年会はおでんで温まり… Hotpot for year-end party…

おせち2016年末

初めてのおせち作り… Tried to make some traditional new year food 1st time in my life…

七草粥2017

あっという間に七草がゆの日〜! 7-herb porridge on the 7th January, already!?

カリフラワーグラタン

そろそろちょっとバタくさいものも食べたくなってカリフラワーのグラタン
Cauliflower gratin with lots of cheese❤

あげとカブ

でもやっぱりこうゆうのが落ち着きます、カブとお揚げさんの炊き合わせ
Our soul food, turnip and deep fried tofu

鳥すき

寒い寒い雪の夜には家族で鳥スキ…
Chicken hotpot, perfect food for warming up very cold snowy night

チーズハンバーグ

ハンバーグももちろん平鍋で、チーズをのせてオーブンで焼くとそれだけでちょっとスペシャル❤ 
Nothing compare…

ひじき

ひじきだって平鍋に美味しい菜種油を引いてさっと炒めて炊き合わせます〜 
Hijiki seaweed, also Japanese soul food❤

レンコンとソーセージ

ちょっと一品足りない時に、レンコンとソーセージをジリジリ焼いて最後にチーズをのせてグリラーヘ
ビールの進むおつまみにも、ジャガイモやサツマイモ、人参も美味しいです👍
Lotus root with sausage and cheese, would you like a glass of beer?

キウィと金柑

よい金柑が手に入ったのでコンポートを作りました。奥は親戚の畑でできたキウイのジャム。
酸の影響を受けない平鍋は果物を煮るのにとってもよいのです。
Kumquat and kiwi jam, earthenware pans are perfect for cooking fruits👍

 

 

「中国茶器展供漸鶯睍察覆Δ阿い垢覆)」

季の雲ギャラリー


2017年2月11日(土)〜26日(日)

 

参加作家
陶磁器:安藤雅信、市川孝、大江憲一、大谷哲也、大中和典
大村剛、小澤章子、崔在皓(チェ・ジェホ)、
中尾郁夫、服部竜也
ガラス:今井美智、えむに、新田佳子
木工:羽生野亜、水野悠祐
金属:大山求、竹俣勇壱、KINTA Studio

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
七十二候の暦では、春を象徴する鶯が鳴き始める時期を
黄鶯睍察覆海Δうけんかん)といいます。
会期が始まる頃は、冬真っ只なかですが、
日に日に春に近づいていく、展覧会。
会期中に鶯の鳴き声がきこえることを願って、
春を間近に感じられる会にできれば嬉しいです。
昨年の中国茶器展から一年、
参加作家に新しい顔が半数ほど見られ、
前回とは違う茶器・茶具に出会える
期待感でいっぱいです。
11日・12日と中国茶を極める
二つの催事をご用意します。
Peruさんのお茶を初めていただいた時、
とても神秘的でカウンセリングを受けているような
不思議な感覚になりました。
ひとつ、ひとつの言葉には、
迷いのない想いがあり、癒しがあるのに、強さを感じる。
そんなお茶時間でした。
皆様にも、ぜひ、体感していただきたい。
初日はお茶会を、二日目はワークショップを開催します。
皆様のご参加、お待ちしています。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
茶器乃吾人身體之延伸
茶湯乃吾人心量之流露
茶の器は我の身体であり
茶の湯は我が心そのもの
春の陽気の如く器と心を温め育て
お茶を淹れたいと思います。
季の雲さんでは初めてのお茶淹れです。
日本や中国、世界の茶を愛する人々の心を
揺さぶるような展示になる事を願い、お茶と共に寄り添います。
よろしくお願い致します。

 

「茶席」
11日 14:00 - 15:30 10名(お菓子:御菓子丸)
17:00 - 18:30 10名(お菓子:御菓子丸)
参加費:4,500円
「如何泡自己感動的茶」
(自分を感動させるお茶の淹れ方ワークショップ)」
12日 12:00 - 6名
15:00 - 6名
参加費:3,000円
ご予約は、2月1日午前11時から、0749-68-6072 又は
info@tokinokumo.comにて、お受けいたします。
メールの方は 郵便番号・ご住所・日中通じるお電話番号
ご氏名(ふりがな付)の明記をお願いいたします。
※当日はおいしいお茶を感じていただくために
ヘアワックス・香水、衣類の洗剤など
香りの強いものはご遠慮ください。
※キャンセル料について、当日、前日は全額
二日・三日前は半額をいただきますので、ご了承ください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
茶人 Peru(珮如)
台湾、南投縣生まれ。
台湾茶道教室「留白」主宰
以茶行道
渡己渡人
(誰かの為に、そして己の為に
茶を以て道を習い修める。)
留白の歩む茶の道は
人に温かな幸福を届けられるものと
願っています。

 

〒526−0031
滋賀県長浜市八幡東町211−1
Tel:096-365-0363
http://www.tokinokumo.com